子供の頃から口周りの産毛が濃い私

私は子供の頃から口周りの産毛が濃くとてもコンプレックスです。小学生の時に男の子に、「ヒゲ生えてる!男みたい!」とからかわれたことがきっかけで、小さい頃からカミソリで口周りの産毛を剃っていました。カミソリで剃っていると皮膚を傷つけたりしてだんだん大人になるにつれて太く濃くなってきました。

 

剃っても剃っても生えてくるし、生えるスピードも速くなったように感じてきました。大人になり、口周りの産毛対策がカミソリから毛抜きに変わりました。毛抜きで抜くとカミソリよりも生えてくるスピードがゆっくりなので、次の処理までの間隔が空きます。でも、毛抜きで抜くと痛みが強く出血することもあります。短い毛を掴んで力一杯抜くので失敗して肌を思いっきり掴んでしまうことも度々あります。

 

そういうわけで私の口周りはいつも荒れています。毛抜き処理をし始めてからまた新たな悩みができました。毛穴がとても目立ってきたのです。毛穴が大きく目立ち始めた上に黒ずんできました。ファンデーションを塗っても隠れなくて困っています。

 

さらに口周りに太く白い産毛まで生えてきてびっくりしました。口周りの産毛のことなんて恥ずかしくて誰にも相談できないし本当に悩んでいます。

 

口の回りの産毛の処理のしかた

みなさんは、顔の産毛の処理をいつもどうやってしていますか?顔の産毛は、自分で思っているよりも意外と生えてているものですよね?特に、女性の口の回りの産毛に感しては、男性のかたも気になるかたは多いでしょう。

 

そこで、ここからは、その口の回りの産毛の処理のしかたについてお話ししていきたいと思います。男性は、床屋に行くと顔剃りもしてもらえるのでわからないとは思いますが、女性は美容室では、顔剃りはしていないので、自分で処理しているかたが大半だと思われます。

 

しかし、意外と口の回りの産毛はすぐに生えてきてしまいます。そこで、産毛専用のクリーム「NOISU」に注目してみたいと思います。この「NOISU」は、植物由来成分の「フェリニーブ」を配合しており、お肌にも優しいのが特徴です。女性は年齢や、ストレスなどにより、肌の毛穴が目立ってきたり、間違ったムダ毛処理などにより、毛穴が開いてしまったりして、口の回りの産毛も、濃くなって男性の髭のようになったりします。

 

そんな、産毛もこの「NOISU」を使用すれば、簡単に処理することができます。洗顔後の肌に、1日二回軽く塗り込むだけで、口の回りの産毛がきれいになくなり、さらには肌がみずみずしくなります。まさに、一石二鳥ですね。ぜひ、みなさんも試してみてくださいね。

 

口周りの産毛は気になる

人間にはたくさんの体毛があります。髪の毛、ひげ、眉毛など顔だけでもたくさんの毛があります。どれも体を外の危険から身を守るために必要なものです。

しかし女性は口周りの産毛などがあったら気にしてしまいますよね。
女性の方が一番気になる部分は口周りだそうです。大半の女性が口周りが気になると答えるらしいのです。口周りは他人から見られたときに一番目立ちますし、隠しにくい点があるから最も気になる点にあげられるそうです。

口周りの産毛があるとなぜ大変なのかということを話していきましょう。口周りの産毛は先程も述べたように最も目立つので、相手の第一印象を決める際にそこを見られると少し綺麗ではないという印象を相手に与えてしまいます。さらにこんなところのケアができていないのかというがっかり感も相手に与えてしまいます。マイナスの印象を与えてしまうので口周りの産毛は処理しておいた方がいいのです。

口周りの産毛を気になるのは女性だと思うのですが、男性の方も女性を見る上でこの点は気になります。好きな女性が口周りの産毛があったら少し残念だと思ってしまいます。

女性が口周りの産毛を処理するのは外見をきれいにするためには必要なことです。こういうところをしっかりしている人は他人からいい目で見られるかもしれませんね。

 

【あなたにお勧め】女性の産毛対策ノイズ(noise)は楽天で購入不可なのか!?

口周りの産毛の処理とは?

口周りの産毛というのは女性でも意外なほど生えてくることがありますから、これはしっかりと処理するようにしましょう。つまりは、そうすることによって、美容にメリットがあるのです。これは本当に注意しておいたほうがよいことになります。

 

口周りというのは何かと目に付くところですから、まずは処理をすることから考えるようにしましょう。もう一つ、大事なことは女性の場合はもうできるだけ口周りの産毛が生えてこないようにすることです。

 

多くの場合、それはホルモンバランスが崩れることから出てきてしまっていることがありますから、生活習慣の見直しをするようにしましょう。そうすることによって、まずは確実に押さえ込むことが少しはできるようになります。

 

人間ですから、まったくゼロにする、ということは不可能です。処理はすることになるでしょうが、その頻度を少なくできるようにはなりますから、まずはそこを意識してみるようにしましょう。

 

口周りの産毛は確かに見えにくいこともあるわけですし、男性よりは確実に薄いでしょうが、それでも女性としてはしっかりと処理したほうがよいに決まっていますが、そこをよく知っておいたほうがよいでしょうからまずは考えておきましょう。

口周りの産毛について。

小学生の頃に「ヒゲが生えてるよ!おじさんみたい!」と言われ、クラスの人たちにも「おじさん!おじさん!」と笑われ、とても嫌な思いをしました。

帰宅してすぐに親が使っているT字カミソリで剃りましたが、次の日もみんなに見られているんじゃないかと思うと、とても怖い気持ちになりました。

中学に上がると、剃りすぎたためか口角に近い毛が少し太くなったように見えました。
そのため今度は細い毛は電気シェーバーで剃って、太い毛は毛抜きで抜いていました。
抜きすぎて真っ赤になったこともあります。

高校に上がってからは毎日マスクをして生活をし、人に顔を近づけられると口周りに目線が行ってないかとか、産毛が生えていないかとか、そんなことばかり気になってしまいました。
そして社会人になり、あるキャンペーンで脱毛無料チケットをもらいました。

このキャンペーンは脇以外でも範囲が狭い箇所は選べれたので、迷わず口周りの産毛を脱毛してもらいました。
やはり脱毛なので痛いのですが、四六時中産毛の事ばかり考えるよりはマシだと思い、耐えました。

最初はあまり効果を感じられず、シェイパーで剃っていましたが、2回、3回と続けていくうちに毛穴も小さくなり、マスクをしなくても口周りが気にならなくなりました。

施術は痛いですが、施術をせず、ずっと口周りを気にするよりかはやった方が良いなと私は思います。
今ではマスクをせず、思いっきり笑えて幸せです。

口周りの産毛はどうするの?

女性であろうと口周りの産毛は生えてくることがあります。基本的にはそのあたりは男性ホルモンが主因となって生えてくるようになっていますが、女性では生えにくい部分ではあります。

 

逆に男性はそれこそ、毎日剃ることが必須ともいえるような場所になります。しかし、女性であれば実際のところ、よほどのことがない限りは、極端にそうなることはないでしょう。

 

しかし、それでも口周りの産毛が徐々に生えてくることがありますから、それはしっかりと処理するようにしましょう。具体的にいいますとそれはカミソリで剃ることです。そうすることによって、まずはしっかりと綺麗にすることができます。ここで注意したいのは産毛程度なのだから、そのままから剃りでもよいだろう、という甘い考えです。これは本当に甘いですから、しっかりとシェービングクリームを塗るようにしたほうがよいでしょう。

 

少しでも肌に対する負担を軽くすることができるようにする、というのがとても大事になります。あまりに強く剃っていますとそれによって色素がつくことがあります。色素が残ってしまうことがありますから、これは女性としては間違いなく避けるべきことになるのです。覚えておきましょう。

 

私の口周りの産毛脱毛体験談

女性でも、口周りに産毛が生えています。量が少なく毛色が薄ければあまり目立たないのですが、量が多く色が黒い場合や、何度も自己流の処理を続けていると、口周りの産毛はどんどん濃くなり、男性のひげみたいになってしまいます。

顔は自分の印象が決まる大切なところですが、どれだけメイクをしても、口周りの産毛が濃ければなんだか恥ずかしくコンプレックスを感じてしまう方も多いでしょう。私もそうでした。

そんな私は、脱毛サロンで口周りの産毛を脱毛してもらっています。光を当てて脱毛するのですが、一回では効果はあまり感じられませんが、つづけていくことで少しずつ産毛は薄くなっていきます。

 

ほとんど目立たなくなるまでに、5-6回のお手入れが必要なので、コンスアントに脱毛サロンに通って、早ければ半年ほどで口周りの産毛が目立つというコンプレックスから解放されることが可能です。

口周りの産毛の光脱毛は、鼻下も顎もそれぞれ5分もかからない程度です。脱毛サロンで、ワキなど他の部位を脱毛されている方は、口周りの脱毛も加えてみてはいかがでしょうか。もちろん、口周りの産毛の脱毛だけのためにサロンに通うのも良いでしょう。早く確実に効果を出したい方に、おすすめです。